フォト

カウンター

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コンディション

全国の天気予報



  • -天気予報コム-

バリューコマース






楽天市場


ソーシャルメディア

お気に入りBLOG


Trackback People


430MHzSSB'erのホームページ

無料ブログはココログ

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月

2004/12/27

新しい交信地

家族サービス終了後、21MHzを聞いていたら、3D2LL(JA2LLK)水崎OMがCQを出していました。
4エリアの移動局との交信後、コールすると、コールバックがあり交信出来ましたが、QSBが酷くて、レポート交換は、54/55で、やっと、JA2LLKのQSLカード送付先を確認できた位でした。
いわゆるギリギリでの交信でした。(^^;;

Fiji(509A)

フィジーは個人的に一度旅行に行ってみたい(ビーチが好きなので。)と思っていますので、次回の交信時、パイルアップになって居ないようでしたら色々聞いてみたいと思います。

50カントリーまで、あと5つ。

DXCC 21MHz PHONE 45Wkd/2Cfm

2004/12/14

新しい交信地

昨日は、430.310MHzで山梨県北都留郡がQRVしていたので、速攻帰宅したのですが、スケジュールに参加して居たようで、お声がけ出来ませんでした。
北都留郡と交信できれば、山梨県内の郡はすべて終了だったのですが、残念です。
北都留郡は、来年の2月には消滅してしまうので、それまでには何とか交信したいと思います。

その後、酒を飲みながら430MHzのメインを聞いていたら、羽村市のOMさんがCQを出していました。
このOMさんとの初交信は、私が21×2×2。OMさんが、ベランダでハンディーホイップで交信成立したので、すごく記憶に残っています。
それ以来、何回も交信させて頂いていますので、ご挨拶程度にお声がけをした所、東京都西多摩郡のOMさんもいらっしゃって、サービスして頂きました。お陰で、西多摩郡が1stで交信できました。(^^)
おまけに、SSBの方もサービスして頂きまして、東京都の郡がすべて終了しました。

東京都西多摩郡瑞穂町(JCG#10002E)

でした。感謝!感激!でした。

JCC 442Wkd/374Cfm : JCG 309Wkd/260Cfm

2004/12/06

アンテナが…

週末の爆弾低気圧(と、気象用語では言うらしい…)の影響で、静岡県内も風速30m以上の風が吹いて、ビニールハウスの倒壊やら工事現場の足場の落下なと、影響がでました。
そして、ウチのアンテナも被害に合いました…


hf_ant_tb.jpg

430MHzの八木は問題ありませんでしたが、HFのVダイポールが20度くらい動いてしまいました。(;_;)
クリエイトの730Vは水平設置すると、DP部分の上部Uボルトが最後まで締まらない(ラチェットが入らない)ので、スパナで締められるだけ締め付けたのですが、今回の風には耐えられなかった様です。

#先日の台風には耐えたのですが、台風以上の風が吹いたんですね。

それにしても、落下しなくて良かったです。
取りあえず、週末にローカルに手伝って貰って直そうかと思います。

新しい交信地

今日は、息子が風邪を引いたようで、朝、病院に連れて行き、午後から仕事を休んで看病でした。
食事を食べて薬を飲ませたら眠たくなった様で、寝ている間に21MHzをワッチするとVU4NROがQRVしていました。

週末もQRVしていましたが、パイルアップ中でスプリットの幅全体がワンワン言っている状態で、ビックガンが多くてとてもとてもウチの設備では無理と判断してあきらめていました。

しかし、本日は、平日の午後と言うこともあって、それほどパイルアップになっていなかったので、自宅で仕事をしながら(^^;;しばらくワッチしていると、コールバックのタイミングがほぼ同じと言うことが解ってきました。
前の局長さんとの交信周波数が運良く見つける事ができたので、速攻でゼロインし、ゆっくりとフルコールサインを言うと、

「November Papa … again!!」

とコールバックがありました。一瞬、我が耳を疑ったのですが、他の局がコールしないので、慌ててコールして交信成立しました。思わず1人でガッツポーズしてました。(^^)9

Andaman & Nicobar Is.(782A)

今回のQSOまでは、ウチの設備では、「パイルアップになったら勝てない…」と思っていましたが、スプリット周波数を見つける速度、コールするタイミングなどでパイルアップでもピックアップしてくれると言う事が解りました。
やはり、ワッチは重要ですね。それにしても、嬉しい1日でした。

DXCC 21MHz PHONE 44Wkd/2Cfm

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »